ステーショナリー

同じアジアにある国の言語を勉強する|韓国語を学んで使いこなそう

気軽に外国語を学ぶ

ハングル

日本から最も近い外国

日本から一番距離が近い国、それが韓国です。長崎県では場所によっては領土が見えるほど、日本から近い位置にあります。同じアジアの仲間として、今まで特に友好国として時に良きライバルとして、互いに切磋琢磨して国を発展させてきました。日本では、韓国ブームになって久しいと言われています。例えば東京都の大久保界隈では韓国の専門ショップやレストランが多数店を構えています。また、レンタルDVDショップでは多くの韓流映画が毎日レンタルされています。韓国では日本語を理解できる人も多いので、韓国語を知らなくても現地に行けば最低限のコミュニケーションをとることは可能です。しかし、より韓国を知ろうと思うなら、自ら韓国語を勉強するべきです。

韓国をより楽しむ

幸い、日本には多くの韓国語学校があります。在日韓国人の方が個人で開いている韓国語教室もあれば、予備校の講座のように広く勉強をしたい人を募集しているものまで様々です。韓国語は中国語と異なり、日本人に馴染みのある漢字を使っているわけではありません。耳では聞いたことがあっても、相手の言ってることを理解したり文章で書いたりとなると、きちんと勉強していないとまず不可能です。一方で、韓国語は言語としてはそれほど難しい語学ではないとも言われています。最近では、通信教育でも気軽に韓国語を学べるため、勉強を始める人が増えているのです。韓国語の検定試験を目指すとか、一人で韓国旅行しても困らないようになるとか、具体的な目標があればより上達します。

ウーマン

正しい方法で取り組もう

スピードラーニングで英語力を身につけるためには、目標を明確にすることと、正しい方法で取り組むということが大切になります。学習し始めてすぐに成果が出るわけではありませんので、続けて学習をするようにしましょう。

イングリッシュ

継続が大切です

語学は1日勉強しただけですぐに身につくものではなく、継続して行なうことが大切なのです。勉強に対するやる気を維持することが、英語学習を続けていくポイントとなります。通勤電車の中やお昼休みなどの少しの時間を上手に活用することもポイントです。

アルファベット

ヒアリング力の向上と映画

映画は英語のヒアリング力を身につけるのに適した教材ですが、レベルに合ったものを選ぶことが重要です。楽しみながら学習できるのが人気の理由であり、学校教育では世界の文化も学べる手段として活用されています。